副作用も当然あります | 丈夫で綺麗な美しいまつ毛を、ルミガンで手に入れよう!
menu

副作用も当然あります

積み上げられているパッケージ

まつ毛をフサフサにする際に大人気のルミガンですが、そもそもルミガンは医薬品だということを認識しておいてください。
つまり使用する前に理解しておかなければいけないのは、人によってはいろんな副作用が生じてしまうかもしれないということ。
だからここではルミガンにおける副作用について色々話していきたいと思います。
リスクをきちんと理解しておけば、余計なトラブルにならずに済みます。

まずそもそもまつ毛の育毛効果自体がルミガンの副作用ではありますが、他にもいろんな副作用があります。
例えば色素沈着と呼ばれるものです。
色素沈着というのは、要するにルミガンの駅によってまぶたの色が変わってしまうということ。
ルミガンに含まれるビマトプロストがその原因だと言われており、なんとメラニン色素を増やしてしまうという働きがあります。
ルミガンは基本的に継続して使い続ける薬になりますので、本来であれば肌のターンオーバーで排出されますがその新陳代謝が追い付かないため結果としてずっとまぶたに色素沈着してしまうことになるわけです。

そしてもうひとつ挙げられるのが、ルミガンによって目がかゆくなってしまうということ。
ルミガンを使うと血行が促進され、その結果かゆみが生じやすくなります。
また人によってはアレルギーが原因でかゆくなることもあります。
もしかゆいと感じても絶対に目はこすらないようにしてください。

また他にも充血したり目にくぼみができたりするなど色々な副作用があります。
ただしこれらの副作用は必ずしも起こるものではありませんので安心してください。
不安な人は必ず病院で診断してもらってから使い始めていきましょう。